コインチェックの口座の作り方 手数料や注意事項まとめ【仮想通貨取引所】

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

50代おかん

Coincheckの口座を作りたい!なにが必要?
電話番号と免許証やパスポートが必要だよ。必要な書類や、コインにェックの損しない使い方を教えるね。

コインチェックの詳細情報 手数料や運営会社など

50代おかん

コインチェックって信用できる?

コインチェックは利用者数ナンバーワンの仮想通貨取引所です。
運営会社は「コインチェック株式会社」
会社の所在地は〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3Fです。
会社の設立日は2012年8月28日、会社の規模は70名程度のようです。
関東財務局にて仮想通貨交換業者の登録申請中で、おそらく問題なく受理されると思います。

利用者数がとても多く、人気がある取引所です。
一方で、「手数料が高い」との声もあります。
手数料は、Zaifと比べると正直少し高いです。(微々たるものですが、ちりも積もれば山なので。)
少し高いですが、登録完了から取引開始までの速度がとても早いのがコインチェック。
仮想通貨がほしい!すぐ始めたい!という人は、Zaifと平行して申し込みをするのが良いかも。

50代おかん

私はZaifとコインチェック、両方共同時に申し込んだよ。登録した日に入金できて取引も開始できたから、ビットコインが暴落したときに買って、値上げの波に乗れて良かった。
投資ってタイミングだし、2週間もあると10倍くらいの値動きがある通貨もあるしね。暴落した瞬間に口座がないと、勝負できないから、取引ができるようになるまでの速度は大切!

コインにェックのメリット・デメリット

50代おかん

あんた、いろんな取引所で仮想通貨やってるみたいだけど、コインチェックって正直どうなの?
使い方がわかりやすいから、仮想通貨に初めて挑戦する人にはおすすめの取引所だよ。

私が実際にコインチェックを使って見ての感想です。
良いところや、イマイチなところを暴露しちゃいます。

コインチェックの評判 良いところ編

  • 登録から入金して仮想通貨を買えるまではとても早い
  • チャット機能があるので情報がたくさん入ってくる
  • 仮想通貨の購入方法が簡単

コインチェックの評判 悪いところ編

  • ビットコイン以外はZaifに比べると手数料が高め
  • アプリでは取引所が使えない

コインチェックで仮想通貨を買う 登録方法

コインチェックへの登録方法を教えるね。

コインチェックにメールアドレスを登録

コインチェックの公式サイトから新規登録をします。


メールアドレスとパスワードを入力して「登録する」をタップ。

↓に画面に移ります。
英語でびっくりするかもしれませんが、訳すと「メールを送ったからメールに書いてあるリンクをクリックして、始めよう!」おいう意味です。
あとで日本語にすることもできるので、まずは送られてきたメールを確認します。

届いたメールに書いてあるリンクをクリックすると↓の画面になります。
メールアドレスの登録はこれで完了ですが、この状態では入金や送金など基本的な動作もできません。
使えるようにするためには本人確認が必要なので、「本人確認」をタップ。

コインチェック登録には電話認証が必須!

本人確認の最初の作業は電話認証です。
SMSで番号が送られてくるので、SMSが受信できる電話番号を入力。
入力した電話番号に、5ケタくらいの番号が送られてくるので、送られてきた番号を入力して認証完了です。

本人確認完了でコインチエックへ入金ができる

次に、名前の入力と住所の入力と本人確認書類の提出です。
本人確認が完了すると今チェックへ入金ができます!
書類を提出して、本人確認が完了するまでコインチェックはとても早いです。

本人確認の書類は以下の中から1点でOK

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバー個人番号カード

私と母は免許証で本人確認書類を提出しました(*^^*)

本人確認書類単体の写真と、提出した書類と一緒に自分が映っている写真を提出する必要があります!
コインチェックではセルフィーと呼んでいるものです。

↓セルフィーはこんな感じに撮ればOKです。

本人確認の書類を提出できたら、あとは待つだけ。
年末年始は本人確認作業が停止されるようですが、それ以外だったら基本的に1~2日以内に入金可能な状態になります。