Zaifの口座の作り方 手数料や注意事項まとめ【仮想通貨取引所】

50代おかん

Zaifで口座を作りたいけど作り方がわからない!戸籍とか住民票とか必要?
戸籍とか住民票は不要で、手元にあるものだけで登録できるよ

仮想通貨取引所で手数料が一番安いのがZaifです。
管理画面も見やすく、セキュリティ(安全性)もログイン通知や二重認証があるので安心。

Zaifのメリット・デメリット登録方法について解説していきます。

Zaifの詳細情報 手数料や運営会社など

50代おかん

Zaifって信用できるの?潰れたりしない?簡単に教えてー!

Zaifの運営会社 信頼性や安全性チェック

Zaifの運営会社は「テックビューロ株式会社」です。
所在地は大阪府大阪市西区西本町
会社設立日は2014年6月16日
資本金は8億3,013万円
近畿財務局にて仮想通貨交換業者の登録を正式に済ましている会社です。

上場しているわけではないのでIR情報はでていいません。
ジャコフ、インフォテリア、新生銀行、オウケイウェイヴなどから資金調達をしているので将来性は期待されていると言って問題ないです。

Zaifの仮想通貨購入手数料について

執筆中。

Zaifの登録方法

Zaifは登録申請から登録完了まで、正直言うとすっごく時間がかかるよ!

50代おかん

どのくらい?
公式サイトでは2週間前後って言ってるけど、1ヶ月以上かかった人も!手数料をなるべく安く仮想通貨投資を始めたい人は、とにかくすぐ申し込もう!

コインチェックの登録に必要なもの
  • メールアドレス
  • スマホ/携帯の電話番号
  • 免許証や在留カード、マイナンバーカード、パスポートのいずれか

メールアドレスの登録

まずはメールアドレスの登録。
Zaifのページにアクセスして、「登録はコチラ」のボタンをタップ。

登録フォームに移動します。
メールアドレスを登録します。
docomoやau、softbankのメールアドレスよりも、@gmailとか@yahooのアドレスが良いと思います。

GmailやYahooは無料でメールアドレスが作れます👇

メールアドレスが登録できたら、すぐにZaifからメールが届きます。
メール本文のURLをタップ!

URLをタップして、この画面になったらメールアドレスの登録完了です。

ここまでは5分で完了できます♪

メールアドレスの登録は完了しましたが、まだ仮想通貨を買うことはできません・・・!
仮想通貨を買ったり、売ったりするには免許証の写真を提出して、本人確認書類を受け取って本人確認をする必要があります。

名前や住所を設定して本人確認をしよう

次に本人確認をするために名前と住所の入力をします。
右上のメニューアイコンをタップ。
メニューが出てくるので「アカウント」をタップします。

👇見切れてしまっていますが、左下の鉛筆マークをタップすると個人情報を入力する画面に移ります。
この名前や住所に、郵便物が送られてくる(郵便物が届いたかどうか、で本人確認をする)ので、正しい住所と正しい名前を入力してください。

名前の漢字を、たまにカタカナで登録する人がいますが、本人確認で必要なので漢字がある場合は漢字で記入しましょう!

電話番号認証が必須

Zaifでは電話番号認証が必須。
SMSが受信できる携帯電話やスマートフォンの電話番号を登録します。
登録すると、すぐにメールが届くので届いたメールに書いてあった番号を入力すると、確認が完了します。

本人確認書類を提出

次に本人確認書類の提出。
提出といっても、写真で撮ってアップロードするだけです。
免許証の表、裏をスマホのカメラで撮って「ファイルを選択」→「アップロード」を押すだけです。

裏には何も書いてなくても、書いてないということを証明する必要があるので写真を送る必要があります。
写真がボケてると、本人確認の写真が届かないので読み取れる写真を送りましょう。

本人確認書類が届くまで待ちます

免許証やパスポートなどの提出が完了したら以下のような画面になります。
これで作業は終わりです。
あとはZaif側の確認作業とハガキの郵送を待つだけです。

はがきが届くまで2週間以上、時間がかかるよ

50代おかん

2週間。。。!長い…!!仮想通貨を始めてみようと思ったら右も左もわからなくても、とにかく登録だけは早く済ませておかないとだね。